障害年金とは、熊本市で相談できるところ

日本の年金制度には、年齢に関わらず障害を持った際に支給される障害年金というものがあります。
これは20歳未満であっても対象になります。
老齢年金とは異なり65歳未満の若年層へ向けた年金、といってもいいでしょう。

そして対象となる傷病は幅広くうつ病などの精神疾患も対象に含まれます。
この傷病によって安定した生活を送ることが困難な方へ、受給される年金なのです。
しかし申請したからといって簡単に受給出来るものではありません。
むしろ受給するのが難しい、とすら言われるのがこの障害年金なのです。
実際のところ申請書の書き方ひとつで。認定される障害の等級が下がってしまい、それによって受給できなくなったりすることがあり得ます。

まず第一にどこへ申請すればいいのか、問い合わせ先はどのなのか、迷うかと思います。
熊本市の場合は市役所に詳細について載っていました。
市の担当局でもいいですし、各年金事務所(熊本西年金事務所・熊本東年金事務所・街角年金相談センター熊本)などで相談が出来ます。
しかしあくまでも制度についての説明や手続きや申請に必要な書類についての案内に留まります。
どうやったら受給出来るのか。申請書の書き方のコツなどを指導アドバイスしてくれるところではありません。
誤解しないようにしましょう。
自分の立場になって考えてくれるアドバイスしてくれる、社会保険労務士を見つけるといいと思います。

申請すると約三か月後に日本年金機構熊本事務センターから審査の結果通知が届きます。
もちろんそれに対して不服を申し立てる事も可能です。
しかしながら行政の決定に対する不服申し立てを覆すことは非常に困難です。
初回の申請からきちんと書類を揃える必要があるといえるでしょう。

【PR】熊本障害年金サポートセンターは、相談料無料・着手金0円・完全成功報酬です。

関連記事